03 -<< 2017-04 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 -
 

罪と罰 PART2

056_convert_20160612054650.jpg


皆さん、アクア工房 白猫のブログを御覧に

なったでしょうか?

記事はコチラ 赤の可能性

私のMARK II 購入履歴を簡単に説明させ

ていただきます。

最初に私が購入したのは白猫の純血F1

個体でした。

彼のところではF2から赤が出現したと書

かれてあるように、私のところでも同世代

になりますから当然の如く赤が生まれて

来ました。その後、血の入れ替えとグレード

アップのため、ある筋の方(風評被害の煽り

を食らうため名前は伏せさせていただきます)

とブループラネットで買い足して現在に至ります。

その間、他のえびとの掛け合わせはございません。



スカイフィッシュでも何匹か赤が出現していると

聞きます。親個体が黒であれ赤であれ、その

劣勢遺伝子を持った個体同士を交配したら赤が

必ず生まれてきます。

同じえびである、えび屋のティアーシュリンプなどは

かなり早い段階から赤を作出し、販売しております。

繰り返しますが遅かれ早かれ黒から赤は生まれて

来ます。今回の騒動は赤の出現タイミングが他者

よりも早かっただけの問題だけで、数年もしたら

普通に市場に出回るようになるでしょう。


その時、彼ら(○ taroとEbi-○)は何と弁明する

のでしょう。当時としてはそれが正しかった

というのか?真理はどんな時代においても真理で

あり続ける(歴史的明証性)訳ですからそんな

逃げ口上は通用しない。

世間は鼻白んであなた達の言葉に耳を

傾けることでしょう。


ヤフオク出品中です。

よろしくお願いいたします。

ヤウオク出品ペ-ジ

では

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する